コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山鹿教演 やましか きょうえん

1件 の用語解説(山鹿教演の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山鹿教演 やましか-きょうえん

1901-1996 昭和-平成時代の琵琶(びわ)演奏家。
明治34年3月20日生まれ。4歳で左目を失明。22歳のとき肥後琵琶の手ほどきをうけ,福岡県南部の柳川(やながわ),大牟田(おおむた)一帯で門付けをしながら腕をみがく。5時間以上の語り物を500曲以上こなし,本格的な肥後琵琶の伝承者といわれた。平成8年6月24日死去。95歳。熊本県出身。本名は良之。芸名は玉川教演。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

山鹿教演の関連キーワード運転注意力モニタ MDAS釧路(市)正岡子規地球温暖化夫婦別姓漁業法ブラジル文学来栖あつこDAIZO門倉有希

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone