コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岐阜蝶 ギフチョウ

デジタル大辞泉の解説

ぎふ‐ちょう〔‐テフ〕【岐阜×蝶】

アゲハチョウ科のチョウ。翅(はね)の開張5~6センチ。翅は淡黄色の地に黒色の太い縞模様が並ぶ。後ろ翅には赤・橙・青色の斑紋がある。早春に出現し、飛び方は弱々しい。幼虫の食草はカンアオイ本州のみに分布 春》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぎふちょう【岐阜蝶】

アゲハチョウ科のチョウ。開張約6センチメートル。はねの表は淡黄色の地に太い黒色の横条斑がある。後ろばねには尾状突起があり、後端付近に赤橙斑、その外側に青色斑が並び美しい。幼虫はカンアオイ類の葉を食べる。成虫は早春に出現。本州に分布。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

岐阜蝶 (ギフチョウ)

学名:Luehdorfia japonica
動物。アゲハチョウ科のチョウ

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

岐阜蝶の関連キーワードばね成虫