コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡倉秋水 おかくら しゅうすい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡倉秋水 おかくら-しゅうすい

1869*-1950? 明治-大正時代の日本画家。
明治元年12月11日生まれ。岡倉天心の甥(おい)。狩野芳崖(かのう-ほうがい)に師事し,フェノロサ鑑画会に出品。明治22年東京美術学校(現東京芸大)に入学するが,翌年より女子高等師範でおしえ,のち学習院教授。この間日月(じつげつ)会を小林呉嶠(ごきょう)らと結成した。昭和25年?死去。82歳?福井県出身。本名は覚平。作品に「鷲」「包囲」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

岡倉秋水の関連キーワード小林 呉嶠本多 天城荒木 探令狩野探令狩野忠信本多天城大正時代

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android