コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小林呉嶠 こばやし ごきょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小林呉嶠 こばやし-ごきょう

1871-1928 明治-大正時代の日本画家。
明治4年8月10日生まれ。四条派の今尾景年にまなぶ。日本青年絵画共進会などに出品。明治33年岡倉秋水らと日月会を結成,40年正派同志会の幹事。「秋圃群鶏」など景年ゆずりの花鳥画をえがいた。昭和3年11月12日死去。58歳。京都出身。本名は喜三郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

小林呉嶠の関連キーワード大正時代

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android