コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡市之助 おか いちのすけ

2件 の用語解説(岡市之助の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡市之助 おか-いちのすけ

1860-1916 明治-大正時代の軍人。
安政7年3月7日生まれ。日清(にっしん)戦争についで,北清事変(義和団の乱),日露戦争で戦功をたて,大正元年陸軍中将となる。翌年,第三師団長。3年第2次大隈内閣の陸相。2個師団増設を実現させた。大正5年7月20日死去。57歳。長門(ながと)(山口県)出身。陸軍大学校卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

岡市之助

没年:大正5.7.20(1916)
生年:万延1.3.7(1860.3.28)
明治大正期の陸軍軍人。長州藩士の次男として萩(萩市)に生まれる。明治21(1888)年陸軍大学校卒。日露戦争後,長州閥を主流とする陸軍軍政系統の中枢を歩む。陸軍大臣寺内正毅の下で軍務局長を務める。次官在任中の45年中将に進む。官僚閥,政友会,陸軍,海軍の対立激化のなか,大正2(1913)年,第1次山本権兵衛内閣のとき,陸軍の主張である「軍部大臣現役武官制の維持」と2個師団増設の実現をめざしたが失敗,次官を辞職。第2次大隈重信内閣では,陸大卒としては初の陸相となる。陸軍内部で人事,増師問題,対中国政策をめぐり寺内,上原勇作,田中義一,中堅層ら諸勢力が複雑に対立し,その板ばさみに苦しみ,病気により大臣を辞任。<参考文献>北岡伸一『日本陸軍と大陸政策』,大久保利謙他編『日本歴史大系4/近代Ⅰ』

(山村義照)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岡市之助の関連キーワード中村覚大島久直河村正彦児島惣次郎鮫島重雄津野田是重仁田原重行畑英太郎町田経宇真鍋斌

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone