岡本晤叟(読み)おかもと ごそう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡本晤叟 おかもと-ごそう

1808-1881 江戸後期-明治時代の儒者。
文化5年3月23日生まれ。阿波(あわ)徳島藩学問所司業の父岡本遜斎(そんさい)と柴野碧海(しばの-へきかい)にまなび,父の跡をつぐ。安政4年江戸の藩校長久館教授,明治2年徳島に創設された藩校長久館の教授,督学となった。明治14年6月1日死去。74歳。名は知充。字(あざな)は叔達。通称は堅三郎。別号に晤室,樸蔭,近南。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android