コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鍬形蕙斎 くわがたけいさい

5件 の用語解説(鍬形蕙斎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鍬形蕙斎
くわがたけいさい

[生]明和1(1764)
[没]文政7(1824).3.22.
江戸時代後期の浮世絵師。通称は三二郎。初め北尾重政に学んで北尾政美と号した。黄表紙挿絵画家として世に出,江戸の鳥瞰図を描いて有名になり,多くの絵本を制作。寛政6 (1794) 年津山侯の御用絵師となり,狩野惟信に学んで鍬形 蕙斎,また紹真と名のり,版画制作をやめてもっぱら肉筆画を描く。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

くわがた‐けいさい〔くはがた‐〕【鍬形蕙斎】

北尾政美(まさよし)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鍬形蕙斎 くわがた-けいさい

北尾政美(きたお-まさよし)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

くわがたけいさい【鍬形蕙斎】

1764‐1824(明和1‐文政7)
江戸後期の絵師。江戸の畳屋に生まれ,北尾重政の門人となる。浮世絵師名は北尾政美(まさよし)。山東京伝(北尾政演)は兄弟弟子である。初め黄表紙などの挿絵画工として名を挙げ,恋川春町作《鸚鵡返文武二道》,京伝作《心学早染草》の挿絵が著名。1794年(寛政6),浮世絵師としては異例のことだが,美作(みまさか)津山藩の御抱絵師となり,97年名を鍬形蕙斎紹真(つぐざね)と改称,狩野養川院惟信について狩野風を学ぶ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鍬形
くわがたけいさい

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鍬形蕙斎の関連キーワード鳥居清次狩野探玄北尾政美泉竜嶂歌川芳宗(初代)北尾重政(初代)北尾辰宣北川美丸泉鉄吉岡蘇雪

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone