コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鍬形蕙斎 くわがたけいさい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鍬形蕙斎
くわがたけいさい

[生]明和1(1764)
[没]文政7(1824).3.22.
江戸時代後期の浮世絵師。通称は三二郎。初め北尾重政に学んで北尾政美と号した。黄表紙の挿絵画家として世に出,江戸の鳥瞰図を描いて有名になり,多くの絵本を制作。寛政6 (1794) 年津山侯の御用絵師となり,狩野惟信に学んで鍬形 蕙斎,また紹真と名のり,版画制作をやめてもっぱら肉筆画を描く。主要作品『近世職人尽絵巻』 (東京国立博物館) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

くわがたけいさい【鍬形蕙斎】

1764‐1824(明和1‐文政7)
江戸後期の絵師。江戸の畳屋に生まれ,北尾重政の門人となる。浮世絵師名は北尾政美(まさよし)。山東京伝(北尾政演)は兄弟弟子である。初め黄表紙などの挿絵画工として名を挙げ,恋川春町作《鸚鵡返文武二道》,京伝作《心学早染草》の挿絵が著名。1794年(寛政6),浮世絵師としては異例のことだが,美作(みまさか)津山藩の御抱絵師となり,97年名を鍬形蕙斎紹真(つぐざね)と改称,狩野養川院惟信について狩野風を学ぶ。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鍬形
くわがたけいさい

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

鍬形蕙斎の関連キーワード岡本秋暉北尾派鳥羽絵

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android