岡村 二一(読み)オカムラ ニイチ

  • 岡村 二一 (おかむら にいち)

20世紀日本人名事典の解説

大正・昭和期の詩人 東京タイムズ社長。



生年
明治34(1901)年7月4日

没年
昭和53(1978)年7月9日

出生地
長野県下伊那郡竜丘村

学歴〔年〕
東洋大学文学部〔大正15年〕卒

経歴
詩人を志したが、新聞記者に転じ、昭和16年同盟通信社記者として松岡洋右外相に随行、ドイツを訪問、その帰途日ソ中立条約をスクープした。戦後、東京タイムズを創刊して社長となり、再び詩作を始めた。詩集に「人間経」「告別」、また「岡村二一全集」(全2巻・永田書房)がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

生年月日:1901年7月4日
大正時代;昭和時代の詩人。東京タイムズ社長
1978年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android