岡田只治(読み)おかだ ただじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡田只治 おかだ-ただじ

1850-1914 明治時代の公共事業家。
嘉永(かえい)3年5月19日生まれ。家は美濃(みの)戸田村(岐阜県関市)の庄屋村長となり,長良(ながら)川中流域の川中島にある同村のために,明治33年鉄線と滑車をつかった「岡田式自動渡船装置」を考案。この間小金田村(関市)の同川から取水した各務(かかみ)用水の完成に力をつくした。大正3年9月10日死去。65歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android