コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡田呉陽 おかだ ごよう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡田呉陽 おかだ-ごよう

1825-1885 幕末-明治時代の儒者。
文政8年7月18日生まれ。小西有実(ありざね)の弟。越中富山藩の岡田栗園の養子。昌平黌(しょうへいこう)にまなび帰郷後,藩校広徳館学正,藩主の侍講となる。維新後は富山師範や家塾学聚舎でおしえた。明治18年6月29日死去。61歳。本姓は小西。名は信之。字(あざな)は君行。通称は順二。著作に「文章軌範脈理」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

岡田呉陽の関連キーワード産業革命史(年表)日本科学史(年表)コロレンコチャイコフスキー(Pyotr Il'ich Chaykovskiy)アレクサンドルホイットニーボワソナードムニクー岩漿クリューガー