コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡田清 おかだ きよし

美術人名辞典の解説

岡田清

幕末・明治の国学者。安芸広島藩士族。嘉佑の男。通称は清太郎・小右衛門、号は柳処・柳廼舎、字は譲。国学和歌に通ず。明治三年私塾柳廼舎を開き漢学和学を教授する。皇学教授。近藤芳樹の交友。著書に『嚴島図絵』がある。明治11年(1878)歿、72才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡田清 おかだ-きよし

1807-1878 江戸後期-明治時代の国学者。
文化4年生まれ。安芸(あき)広島藩士。近藤芳樹に国学・和歌をまなぶ。天保(てんぽう)13年「厳島(いつくしま)図会」(10巻)を刊行。明治2年広島藩校教授。のち一時東京にでて神祇官(じんぎかん)につとめる。明治11年3月23日死去。72歳。字(あざな)は譲。通称は清太郎,小右衛門。号は柳処,柳廼舎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

岡田清の関連キーワード寛政の三助相馬御厨明治時代相馬師常相馬義胤石材

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android