コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡部精一 おかべ せいいち

2件 の用語解説(岡部精一の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡部精一 おかべ-せいいち

1868-1920 明治-大正時代の日本史学者。
慶応4年8月生まれ。明治28年陸軍編修官となり,日清(にっしん)戦史を編修する。38年から一高の講師をかね,大正7年文部省維新史料編纂官に就任。国学院,日本女子大でおしえる。日本歴史地理学会の創立に参加。大正9年12月8日死去。53歳。長門(ながと)(山口県)出身。帝国大学卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

岡部精一

没年:大正9.12.8(1920)
生年:明治1.8(1868)
明治大正期の歴史家。山口県生まれ。明治28(1895)年,帝国大学を卒業。陸軍編修官となり,日清戦争史の編纂に従事した。44年維新史料編纂会の常置編纂員となり,大正7(1918)年,維新史料編纂官になった。2年,『史学雑誌』に「五箇条の御誓文に就きて」を発表。学士の最初の編纂官であった。別に日本歴史地理学会の創設に参画して,明治末期から大正にかけて,史学の普及に功績があった。<著作>『日本史綱』<参考文献>文部省維新史料編纂事務局編『維新史料編纂会顧問及委員会紀要』,同『維新史料編纂会の過去と現在

(秋元信英)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岡部精一の関連キーワード村田峰次郎田総百山田中義成史家詩史歴史家大田報助河合弘民御園生翁甫大和松緑

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone