コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡部精一 おかべ せいいち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡部精一 おかべ-せいいち

1868-1920 明治-大正時代の日本史学者。
慶応4年8月生まれ。明治28年陸軍編修官となり,日清(にっしん)戦史を編修する。38年から一高の講師をかね,大正7年文部省維新史料編纂官に就任。国学院,日本女子大でおしえる。日本歴史地理学会の創立に参加。大正9年12月8日死去。53歳。長門(ながと)(山口県)出身。帝国大学卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

岡部精一

没年:大正9.12.8(1920)
生年:明治1.8(1868)
明治大正期の歴史家。山口県生まれ。明治28(1895)年,帝国大学を卒業。陸軍編修官となり,日清戦争史の編纂に従事した。44年維新史料編纂会の常置編纂員となり,大正7(1918)年,維新史料編纂官になった。2年,『史学雑誌』に「五箇条の御誓文に就きて」を発表。学士の最初の編纂官であった。別に日本歴史地理学会の創設に参画して,明治末期から大正にかけて,史学の普及に功績があった。<著作>『日本史綱』<参考文献>文部省維新史料編纂事務局編『維新史料編纂会顧問及委員会紀要』,同『維新史料編纂会の過去と現在』

(秋元信英)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

岡部精一の関連キーワード大正時代

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android