コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡部長常 おかべ ながつね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡部長常 おかべ-ながつね

1825-1867* 江戸時代後期の武士。
文政8年生まれ。幕臣。安政4年から文久元年まで長崎奉行をつとめ,居留地の拡張,踏み絵の廃止,病院の建設,英語伝習所の設立などに尽力した。のち外国奉行,大目付などをつとめた。慶応2年12月1日死去。42歳。本姓は太田。通称は彦十郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

岡部長常

没年:慶応2.12.1(1867.1.6)
生年:文政8(1825)
幕末の幕臣。太田運八郎の子,岡部氏の養嗣。将軍徳川家慶・家定の小姓を務め,嘉永6(1813)年使番。安政1(1854)年西丸目付となり,翌年目付に就く。安政大地震のとき,江戸城内を冷静に指揮し混乱を最小限に抑えたという。同3年海防掛として長崎に赴任。赴任に際し,はじめて妻子随伴が認められる。帰府後長崎奉行に累進。5年,日蘭通商条約交渉のほか,飽之浦製鉄所建設,英語伝習所設立などに努力。またオランダ人医師ポンペと松本良順の意見を容れ,長崎養生所開設,死体解剖,コレラ防疫など医学の普及に深い理解を示す。文久1(1861)年外国奉行,同2年大目付,道中奉行,翌3年幕政の改革気運のなかで将軍徳川家茂上洛御用を務めて供奉,のち作事奉行。元治1(1864)年神奈川奉行,次いで鎗奉行,さらに慶応1(1865)年軍艦奉行となる。ポンペは長常を「日本人の中における文明人」と評した。<参考文献>「幕府名士小伝」(『旧幕府』1巻2号),『長崎県人物史』

(岩壁義光)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

岡部長常の関連キーワード産業革命史(年表)ファラデーイギリス領北アメリカ条例ルコック探偵アレクサンドルホイットニーボワソナードムニクー岩漿クリューガー

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android