岡野直七郎(読み)おかの なおしちろう

美術人名辞典の解説

岡野直七郎

歌人。岡山県生。東大法学部卒。東京都民銀行役員。前田夕暮の白日社入会のち尾上柴舟の「水甕」に加わる。「蒼穹」創刊主宰。現代歌人協会理事。昭和61年(1986)歿、90才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡野直七郎 おかの-なおしちろう

1896-1986 大正-昭和時代の歌人。
明治29年2月16日生まれ。大正5年尾上柴舟(おのえ-さいしゅう)の「水甕(みずがめ)」にくわわり,15年「蒼穹(そうきゅう)」を創刊し主宰した。歌会始め,明治神宮献詠歌会などの撰者(せんじゃ)をつとめた。昭和61年4月27日死去。90歳。岡山県出身。東京帝大卒。著作に歌集「谷川」「太陽の愛」,歌論集「短歌新論」「歌壇展望」など。
【格言など】音立てて流るる水のすがしさはそのみなもとへつひにかへらず(「太陽の愛」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大阪桐蔭高等学校

大阪府大東市にある男女共学の私立高校。1983年、大阪産業大学高等学校(現・大阪産業大学附属高等学校)の分校として設置され、1988年に現名称で独立した。神奈川県横浜市にある桐蔭学園高等学校とは無関係...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android