柴舟(読み)しばぶね

精選版 日本国語大辞典「柴舟」の解説

しば‐ぶね【柴舟】

〘名〙 (「しばふね」とも)
柴木を積んだ小。たきぎにする雑木の小枝を載せた舟。しばおぶね。
※堀河百首(1105‐06頃)雑「もとめつるおまへにかかる舟のきたげになれやよるかたもなき〈源俊頼〉」
② 江戸時代、松葉、青柴などを、瓦を焼く薪用に運送した小廻しの廻船。大坂には紀州、阿波、土佐、日向などからくるものが多かった。〔和漢船用集(1766)〕
③ 舟、または雨どいの形に焼いた生姜(しょうが)煎餠。金沢の名物。
④ 香木の名。分類は新伽羅(きゃら)。細川家の白菊の分木を得た伊達政宗が、「世の業(わざ)のうきを身につむ柴舟や、たかぬ先よりこがるらん」(謡曲・兼平)を証歌として名付けた。一木三銘香の一名。
※俳諧・物種集(1678)「日あいてちかふ初音柴舟 虫ほしや是は源氏のまきの嶋〈利方〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉プラス「柴舟」の解説

柴舟

石川県金沢市の名物菓子。小麦粉を使用した煎餅皮に生姜汁と砂糖の引蜜を塗ったもの。柴を積んだ川舟「柴舟」をかたどっている。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典「柴舟」の解説

柴舟
しばぶね

歌舞伎・浄瑠璃の外題。
初演
貞享4.7(江戸・長州毛利侯邸)

出典 日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典について 情報

今日のキーワード

上半期

会計年度などで、1年を2期に分けた前半の6か月。上期かみき。⇔下半期しもはんき。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android