コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩元禄 いわもと ろく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岩元禄 いわもと-ろく

1893-1922 大正時代の建築家。
明治26年5月23日生まれ。岩元禎(てい)の弟。逓信省にはいり京都の西陣電話局や東京の青山電話局などを設計。大正10年母校東京帝大の助教授となるが,11年12月24日病死。30歳。鹿児島県出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

岩元禄

没年:大正11.12.24(1922)
生年:明治26.5.23(1893)
明治大正期の建築家。鹿児島市照国町生まれ。大正2(1913)年に東京大学を卒業後,逓信省に入り,西陣分局(西陣電話局)や青山分局など芸術味の漂う作品を設計。吉田鉄郎,山田守と続く逓信省営繕組織の黄金時代の礎を築いた。大正10年に逓信省を辞し,東大助教授に就任して建築意匠論を講じた。「ガイスト・スピーレン(Geist Spielen精神的遊戯)」を口癖とする芸術家肌で,昼夜を分かたず勉学や絵画,彫刻,ピアノに情熱を傾け,燃焼し尽くしたかのように,肺結核により29歳で夭折した。<参考文献>向井覚『建築家・岩元禄』

(大川三雄)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

岩元禄の関連キーワード大正時代

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android