コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩元禄 いわもと ろく

2件 の用語解説(岩元禄の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岩元禄 いわもと-ろく

1893-1922 大正時代の建築家。
明治26年5月23日生まれ。岩元禎(てい)の弟。逓信省にはいり京都の西陣電話局や東京の青山電話局などを設計。大正10年母校東京帝大の助教授となるが,11年12月24日病死。30歳。鹿児島県出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

岩元禄

没年:大正11.12.24(1922)
生年:明治26.5.23(1893)
明治大正期の建築家。鹿児島市照国町生まれ。大正2(1913)年に東京大学を卒業後,逓信省に入り,西陣分局(西陣電話局)や青山分局など芸術味の漂う作品を設計。吉田鉄郎,山田守と続く逓信省営繕組織の黄金時代の礎を築いた。大正10年に逓信省を辞し,東大助教授に就任して建築意匠論を講じた。「ガイスト・スピーレン(Geist Spielen精神的遊戯)」を口癖とする芸術家肌で,昼夜を分かたず勉学や絵画,彫刻,ピアノに情熱を傾け,燃焼し尽くしたかのように,肺結核により29歳で夭折した。<参考文献>向井覚『建築家・岩元禄』

(大川三雄)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩元禄の関連キーワード鹿児島市鹿児島大学国宗愛甲兼達伊集院俊国生岩右衛門津曲貞助永井作次中村鎮山下啓次郎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone