コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩元禎 いわもと てい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岩元禎 いわもと-てい

1869-1941 明治-昭和時代前期の哲学者。
明治2年5月3日生まれ。岩元禄の兄。ケーベルにまなぶ。高等師範学校講師をへて一高教授となり,哲学とドイツ語をおしえる。名物教授として知られ,夏目漱石(そうせき)の「三四郎」の広田先生のモデルといわれる。昭和16年7月14日死去。73歳。薩摩(さつま)(鹿児島県)出身。帝国大学卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の岩元禎の言及

【三谷隆正】より

…のち第六高等学校,静岡高等学校,第一高等学校の教授。一高在学中新渡戸稲造の感化をうけ,名物教授岩元禎の愛弟子とされ,また内村鑑三に学んで無教会主義のキリスト信者となる。南原繁との交友も有名で,南原の歌集《形相》に多数詠まれている。…

※「岩元禎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

岩元禎の関連キーワード三谷隆正岩元 禎哲学者明治

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android