岩城泰蔵(読み)いわき たいぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岩城泰蔵 いわき-たいぞう

1733-1776 江戸時代中期の商人。
享保(きょうほう)18年生まれ。能登(のと)(石川県)七尾の廻船問屋。家をつぎ清五郎を名のる。安永2年隠居し,家業を弟穆斎(ぼくさい)にゆずった。長崎で亀井南冥(なんめい)と知りあう。安永5年5月27日死去。44歳。南冥がその墓碑銘をかいた。名は白。字(あざな)は子明。屋号は塩屋

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android