七尾(読み)ナナオ

デジタル大辞泉プラスの解説

七尾(なのう)

東京都青ケ島村、伊豆諸島の青ケ島に属する無人島。2009年に政府の総合海洋政策本部が策定した「海洋管理のための離島の保全・管理のあり方に関する基本方針」に基づき、名称付与された離島のひとつ。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

ななお【七尾】

石川県、能登半島東部の七尾湾に臨む市。古くから能登の中心で、七尾港を有し、水産加工業などが盛ん。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ななお ななを【七尾】

[一] 石川県北部の地名。能登半島の東部にあり、富山湾およびその支湾の七尾湾に面する。七尾湾内の能登島も含む。天然の良港七尾港があり、古くは能登国の国府・国分寺が置かれていたと伝えられる。室町時代七尾城が築城され、明治維新後七尾県の県庁所在地となる。かつてはセメント珪藻土・造船などの工業が行なわれたが現在は漁業・木工業が主。昭和一四年(一九三九)市制。
[二] 明治二年(一八六九)能登国に設置された県。同五年、石川県に合併された。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の七尾の言及

【所口】より

…能登国(石川県)鹿島郡の港町。現在の七尾市の中心部。七尾ともいう。…

※「七尾」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

七尾の関連情報