コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩崎博秋 いわさき ひろあき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岩崎博秋 いわさき-ひろあき

1824-1895 幕末-明治時代の和算家,武士。
文政7年生まれ。信濃(しなの)(長野県)高遠藩士。石川維徳にまなぶ。代官をつとめるかたわら和算の塾をひらき,その門弟は200人におよんだという。維新後は小学校教員となった。明治28年8月死去。72歳。本姓志賀。通称は覚左衛門。号は友鶴。著作に「社前算譜」「算術塵彙稿」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

岩崎博秋の関連キーワード明治時代和算家

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android