コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩崎博秋 いわさき ひろあき

1件 の用語解説(岩崎博秋の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岩崎博秋 いわさき-ひろあき

1824-1895 幕末-明治時代の和算家,武士。
文政7年生まれ。信濃(しなの)(長野県)高遠藩士。石川維徳にまなぶ。代官をつとめるかたわら和算の塾をひらき,その門弟は200人におよんだという。維新後は小学校教員となった。明治28年8月死去。72歳。本姓は志賀。通称は覚左衛門。号は友鶴。著作に「社前算譜」「算術塵彙稿」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

岩崎博秋の関連キーワード新井玩三猪野道教及川英春大村小兵衛岸幸太郎喜多川孟敦纐纈ハル千葉六郎永井徳資藤田助次郎