コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩徳(がんとく)線

百科事典マイペディアの解説

岩徳線【がんとくせん】

岩国〜玖珂(くが)〜櫛ヶ浜(くしがはま)間のJR線。営業キロ43.7km。山陽本線岩国〜徳山間を短絡する鉄道として1934年全通,同時に山陽本線の一部となった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岩徳線
がんとくせん

西日本旅客鉄道の線路名称。岩国―玖珂(くが)―櫛ヶ浜(くしがはま)間(山口県)43.7キロメートルで全線単線、非電化。岩国―徳山間で瀬戸内海海岸部を走る山陽本線を短絡する目的で建設され、1929~1934年(昭和4~9)に開業した。全通とともに山陽本線に編入され、主要列車はこの線経由で運転されたが、急勾配(きゅうこうばい)区間が多く、1944年海岸回り旧線(柳井(やない)線)の複線化完成とともにふたたびローカル線化して岩徳線の旧称に戻った。中間に欽明路(きんめいじ)トンネル(全長3117メートル)がある。東海道・山陽新幹線はほぼ岩徳線と並行して走っている。1987年(昭和62)、日本国有鉄道の分割民営化に伴い、西日本旅客鉄道に所属。[青木栄一・青木 亮]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

岩徳(がんとく)線の関連キーワード西日本旅客鉄道JR西日本熊毛[町]周東[町]玖珂[町]岩国市下松市熊毛

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android