岩国(読み)イワクニ

デジタル大辞泉の解説

いわくに〔いはくに〕【岩国】

山口県東部の市。瀬戸内海に面する。もと吉川(きっかわ)氏の城下町、明治以後は繊維工業地として発展。臨海地帯は第二次大戦後、石油化学コンビナート成立錦川錦帯橋が架かる。天然記念物シロヘビの生息地。南部古くから茶会の水として知られる桜井戸がある。平成18年(2006)3月、由宇(ゆう)町・玖珂(くが)町・本郷村・周東町・錦町・美川町・美和町と合併。人口14.4万(2010)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

いわくに いはくに【岩国】

山口県東端の地名。錦川の河口で、古くから山陽道の宿場町として開け、江戸時代は吉川(きっかわ)氏六万石の城下町。綿縮(岩国縮)・岩国半紙を産し、明治以後は繊維業を中心に発展。錦帯橋がある。昭和一五年(一九四〇)市制。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

薬剤耐性菌

薬剤、特に抗生物質などに対する抵抗性を獲得した細菌。MRSA(メチシリン耐性黄色ぶどう球菌)・PRSP(ペニシリン耐性肺炎球菌)など。耐性菌。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android