コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩国(読み)イワクニ

デジタル大辞泉の解説

いわくに〔いはくに〕【岩国】

山口県東部の市。瀬戸内海に面する。もと吉川(きっかわ)氏の城下町、明治以後は繊維工業地として発展。臨海地帯は第二次大戦後、石油化学コンビナートが成立。錦川錦帯橋が架かる。天然記念物シロヘビの生息地。南部に古くから茶会の水として知られる桜井戸がある。平成18年(2006)3月、由宇(ゆう)町・玖珂(くが)町・本郷村・周東町・錦町・美川町・美和町と合併。人口14.4万(2010)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いわくに【岩国】

山口県東部、広島湾に臨み錦川の流域にある市。近世、吉川きつかわ氏の城下町。石油化学コンビナート・紡績工業などが立地。錦帯橋・白蛇生息地がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

岩国の関連情報