コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩本素白 いわもと そはく

2件 の用語解説(岩本素白の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岩本素白 いわもと-そはく

1883-1961 昭和時代の国文学者,随筆家。
明治16年8月17日生まれ。昭和7年早大講師となり,随筆文学を担当。17年教授。学生時代からの友人に窪田空穂(くぼた-うつぼ)がいる。昭和36年10月2日死去。78歳。東京出身。東京専門学校(現早大)卒。本名は堅一。随筆集に「山居俗情」「素白集」,著作に「日本文学の写実精神」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岩本素白
いわもとそはく
(1883―1961)

随筆家、国文学者。明治16年8月17日、東京生まれ。本名堅一。東京専門学校(現早稲田(わせだ)大学)文学科卒業。1922年(大正11)より早大で教職につき、随筆文学などを講じ、論文集に『日本文学の写実精神』(1943)がある。かたわら歌誌『槻(つき)の木』などに高雅な筆致で紀行、追憶の文章などを載せ、随筆集として『山居俗情』(1938)、『素白集』(1947)を刊行している。[保昌正夫]
『『岩本素白全集』全三巻(1974~75・春秋社) ▽森銑三著『古い雑誌から』(『岩本素白氏の随筆』所収・1956・文芸春秋新社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩本素白の関連キーワード麻生磯次岩城準太郎小島憲之斎藤清衛佐久節千田九一野村八良松田修山口剛湯地孝

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

岩本素白の関連情報