コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩松持国 いわまつ もちくに

2件 の用語解説(岩松持国の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岩松持国 いわまつ-もちくに

?-1461 室町時代の武将。
一族の岩松満純(みつずみ)が上杉禅秀の乱で処刑されたため,上野(こうずけ)(群馬県)新田荘の国人領主岩松家をつぎ,鎌倉公方(くぼう)足利持氏(もちうじ)にしたがう。のち京兆家を称し,満純の子家純が再興した岩松家(礼部家)と対立。古河公方足利成氏(しげうじ)と堀越公方足利政知の抗争で成氏につき,寛正(かんしょう)2年5月政知方の家純にほろぼされた。幼名は土用安丸。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

岩松持国

生年:生没年不詳
室町時代の武将。上野国(群馬県)新田荘の領主。左馬助,右京大夫,左京大夫。満国の孫で,満純の兄弟満春の子。満純が上杉氏憲(禅秀)に与同して応永24(1417)年誅伐されると,岩松家では甥に当たる幼年の持国を当主とし難局を乗り切った。永享11(1439)年に鎌倉公方足利持氏が滅亡したあとは,結城氏朝らと共に公方派の中心として室町幕府や上杉方と対立。享徳3(1454)年に公方足利成氏と上杉方が全面的な戦闘に突入すると,成氏方として活躍した。しかし長禄2(1458)年になって同族岩松家純の工作により上杉方に寝返り,その後成氏に内通したとの嫌疑で家純により殺された。<参考文献>『新田町誌』4巻

(山田邦明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

岩松持国の関連キーワードシャルルエドワード[4世]ヘンリー[6世]シャルルエジプト暦ヨーク朝救急救命士大明一統志ヨーク家ランカスター家

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone