岩瀬 正雄(読み)イワセ マサオ

20世紀日本人名事典の解説

岩瀬 正雄
イワセ マサオ

大正〜平成期の詩人



生年
明治40(1907)年11月27日

没年
平成15(2003)年5月18日

出生地
愛知県豊橋市

学歴〔年〕
名古屋電気学校中退

主な受賞名〔年〕
中部日本詩人賞(第3回)〔昭和29年〕「炎天楽器」,中日社会功労賞〔昭和58年〕,地球賞(第17回)〔平成4年〕「わが罪 わが謝罪」,現代詩人賞(第18回)〔平成12年〕「空」

経歴
昭和7年頃から社会教育活動を始める。豊橋勤労少年会主事、豊橋連合青年団主事を経て、20年市役所に就職。37年に市教委社会教育課長を最後に定年退職するまで17年間、社会教育一筋に打ち込んだ。一方、17歳から詩作を行い、昭和初期に高村光太郎の知偶を得、4年草野心平らと新詩人会を結成。「日本未来派」を経て、「オルフェ」同人。中日詩人会会長もつとめた。平成12年詩集「空」で歴代最高齢で現代詩人賞を受賞。他の詩集「炎天の楽器」「火の地方」「石の花」「荒野」「風」「わが罪 わが謝罪」「斑鳩行」、エッセイ枳殻」などの他、「岩瀬正雄詩集」がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

高橋留美子

[1957~ ]漫画家。新潟の生まれ。少年及び青年向けの漫画を描く女流の第一人者。コメディータッチのSFやスラップスティック、現代の若者の恋愛など多様なジャンルを描き、絶大な人気を得る。代表作「うる星...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android