コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩蟹 イワガニ

デジタル大辞泉の解説

いわ‐がに〔いは‐〕【岩×蟹】

イワガニ科のカニ。甲幅3センチくらいで、紫黒色の地に緑色の縞(しま)がある。北海道南部から南の岩礁に分布。あぶらがに。十脚目イワガニ科にはモクズガニイソガニアカテガニなども含まれる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いわがに【岩蟹】

カニの一種。甲長3センチメートル 内外。甲は四角形で、黒褐色の地に黄緑色の文様がある。各地の海岸の岩礁にすむ。アブラガニ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

岩蟹 (イワガニ)

学名:Pachygrapsus crassipes
動物。イワガニ科のカニ

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

岩蟹の関連キーワードアブラガニ黄緑色四角形黒褐色

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android