岸本 芳秀(読み)キシモト ヨシヒデ

新撰 芸能人物事典 明治~平成「岸本 芳秀」の解説

岸本 芳秀
キシモト ヨシヒデ


職業
音楽家

生年月日
文政4年

出生地
備前国御野郡下伊福村(岡山県 岡山市)

経歴
父芳景に雅楽を学び、父の死後岡山藩楽士。14歳で京に上り楽頭阿倍雅楽助に師事。18歳で再上洛大曲「蘇合香」を伝授され、3度目の上洛で篳篥横笛を学び三管三鼓をきわめる。明治3年藩命で奈良の春日神社で倭舞(大和舞)を修業。4年廃藩で伶人職を解かれる。以後、新歌曲の創作を続け、管楽器本位の雅楽を歌と筝本位に改めた、吉備楽を完成、新曲は300曲に。11年岡山県令の推挙で、息子とともに東京・青山御所で皇太后、皇后の御前演奏を行った。のち三条実美、岩倉具視らの作詞に作曲、16年黒住教楽長に就任。

没年月日
明治23年 6月3日 (1890年)

家族
父=岸本 芳景(備前岡山藩士),息子=岸本 芳武(吉備楽)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android