コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉備楽 きびがく

5件 の用語解説(吉備楽の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

吉備楽
きびがく

日本音楽の一種。岡山地方を中心に行われている雅楽楽器を使用する新様式の歌曲および舞踊。岸本芳秀倭舞 (やまとまい) や東遊 (あずまあそび) などを近代化して明治5 (1872) 年に新しく創始。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きび‐がく【吉備楽】

雅楽を参考にして岡山県に起こった楽舞。明治5年(1872)岸本芳秀の創始したもの。歌謡と箏(そう)に笙(しょう)・篳篥(ひちりき)・笛などを加えて演奏する。黒住・金光両教の式楽。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

吉備楽【きびがく】

岡山地方におこった,雅楽楽器を用いる明治期成立の音楽。1872年ころ岡山藩の伶人(れいじん)岸本芳秀が雅楽をもとに創始。古歌など歌詞とする歌に箏(そう),さらに篳篥(ひちりき),笙(しょう)笛の伴奏がつく。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

きびがく【吉備楽】

雅楽から出た舞楽。明治の初め、岡山の楽人岸本芳秀が創始。歌を主とし、箏・笙しよう・横笛・篳篥ひちりきの伴奏で舞う。黒住教・金光教が式楽として採用。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

吉備楽
きびがく

岡山藩の雅楽家岸本芳秀(よしひで)(1821―90)らが、1870年(明治3)奈良・春日(かすが)神社の倭舞(やまとまい)や東遊(あずまあそび)を参考にしてつくった雅楽風の音楽。その舞を吉備舞という。器楽曲は少なく、大部分歌曲で、箏(そう)が主奏楽器として扱われ、竜笛(りゅうてき)、篳篥(ひちりき)、笙(しょう)が助奏楽器である点が、雅楽とは違っている。もっとも簡略には、歌と箏1面の場合も多い。79年には芳秀の高弟小野元範のとき、黒住(くろずみ)教の祭典楽に採用された。また、88年には芳秀の息子芳武の高弟尾原音人(おとんど)が金光(こんこう)教祖の大祭に吉備楽を奉納し、数年後に金光教の祭典楽となった。
 吉備楽は祭典楽、余興楽(奉納楽)、家庭楽に分けられる。祭典楽は開扉(かいひ)、献饌(けんせん)、玉串奉奠(たまぐしほうてん)など祭式の行事にあわせる音楽。余興楽は祭典後に奉納する楽舞で、『桜井の里』(楠公(なんこう)父子の別れ)、『作楽詣(さくらもうで)』(児島高徳(たかのり)の故事)など、家庭音楽にはこの余興楽舞のほか『明石(あかし)の浦』『高砂(たかさご)』などがある。[吉川英史]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

吉備楽の関連キーワード芝祐泰居楽雅楽頭上真節薗兼明塩梅(雅楽)雅楽器雅楽譜俱多楽カルデラ楽(雅楽)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone