コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岸沢竹遊斎(2代) きしざわ ちくゆうさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岸沢竹遊斎(2代) きしざわ-ちくゆうさい

1838-1906 幕末-明治時代の浄瑠璃(じょうるり)三味線方。
天保(てんぽう)9年生まれ。5代岸沢式佐の子。慶応2年立三味線にすすむ。寄席にでて櫓(やぐら)太鼓や曲弾きで評判になる。商業に転じて失敗し,仲助の名でふたたび芝居に出演。のち6代古式部を名のった。明治39年6月26日死去。69歳。江戸出身。本名は塚原次郎兵衛。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

岸沢竹遊斎(2代)の関連キーワード明治時代浄瑠璃天保

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android