コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岸沢竹遊斎(2代) きしざわ ちくゆうさい

1件 の用語解説(岸沢竹遊斎(2代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岸沢竹遊斎(2代) きしざわ-ちくゆうさい

1838-1906 幕末-明治時代の浄瑠璃(じょうるり)三味線方。
天保(てんぽう)9年生まれ。5代岸沢式佐の子。慶応2年立三味線にすすむ。寄席にでて櫓(やぐら)太鼓や曲弾きで評判になる。商業に転じて失敗し,仲助の名でふたたび芝居に出演。のち6代古式部を名のった。明治39年6月26日死去。69歳。江戸出身。本名は塚原次郎兵衛

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

岸沢竹遊斎(2代)の関連キーワード児童雑誌岸沢式佐(5代)メチニコフアフガン戦争学級グリムケ(姉妹)天理教兪樾高島炭鉱森田勘弥

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone