コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

巨勢小石 こせ しょうせき

美術人名辞典の解説

巨勢小石

日本画家。京都生。絵仏師巨勢金岡の子孫で代々仏画を業とする巨勢家の第三十四世。本名は八田金起。中西耕石岸連山に学ぶ。京都府画学校教諭を務めたのち、東美校創立当時の教授となる。花鳥画を能くし、また仏画にも長じた。大正8年(1919)歿、77才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

巨勢小石 こせ-しょうせき

1843-1919 明治-大正時代の日本画家。
天保(てんぽう)14年9月28日生まれ。岸連山,中西耕石にまなぶ。明治11年清(しん)(中国)に遊学。京都府画学校などでおしえ,23年東京美術学校(現東京芸大)の大和絵の教授。仏画と花鳥画を得意とした。巨勢金岡(かなおか)の子孫という。大正8年9月17日死去。77歳。京都出身。本名は八田金起。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

巨勢小石の関連キーワード徳力幽雪

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android