岸野 雄三(読み)キシノ ユウゾウ

20世紀日本人名事典の解説

岸野 雄三
キシノ ユウゾウ

昭和・平成期の体育学者 筑波大学名誉教授。



生年
大正7(1918)年5月13日

没年
平成13(2001)年1月19日

出身地
宮崎県

学歴〔年〕
東京文理科大学哲学科〔昭和17年〕卒

学位〔年〕
教育学博士

主な受賞名〔年〕
勲三等旭日中綬章〔平成4年〕

経歴
学生時代は体操競技の選手で、昭和14年明治神宮体育大会個人総合で優勝、翌年の“幻の東京オリンピック”候補選手。21年東京高師助教授、24年教授、同年東邦大学助教授、42年教授、また、東京教育大学体操部部長を務めた。49年筑波大学体育科学系教授となり、体育科学系長、体育専門学群長を歴任。その間、日本体育学会理事長、日本学術会議会員、体協役員などをつとめる。57年早稲田大学客員教授となり、その後、国際武道大教授、のち副学長に就任。学会、体操界の両面で活躍。東京五輪金メダリストの遠藤幸雄らを指導した。著書に「体育の文化史」「近代体育・スポーツ史年表」など多数。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

岸野 雄三 (きしの ゆうぞう)

生年月日:1918年5月13日
昭和時代;平成時代の体育学者。筑波大学教授;日本体育学会理事長
2001年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android