コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

峰中記 ぶちゅうき

世界大百科事典 第2版の解説

ぶちゅうき【峰中記】

山伏の山中における修行を峰中修行といい,略して峰中または入峰というが,その修行内容,儀礼,順序などを記録または解説したものを峰中記とか峰中手文という。修験道では四季の峰修行といって年に4回,日数,儀礼,修行内容などのちがう修行をしたので,青峰秘録,夏峰日記,秋峰手文,冬峰行事記などの峰中記がつくられ,これに基づいて修行をする。もちろん編修された年代や,筆を執った先達によって内容に若干の相違ができるから,その相違を検討すると,修行の内容や入峰者の国別,修行に要する費用,修行中の天候,突発事件に対する処理のしかたなどを知ることもできる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android