コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

峰中記 ぶちゅうき

1件 の用語解説(峰中記の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ぶちゅうき【峰中記】

山伏の山中における修行を峰中修行といい,略して峰中または入峰というが,その修行内容,儀礼,順序などを記録または解説したものを峰中記とか峰中手文という。修験道では四季の峰修行といって年に4回,日数,儀礼,修行内容などのちがう修行をしたので,青峰秘録,夏峰日記,秋峰手文,冬峰行事記などの峰中記がつくられ,これに基づいて修行をする。もちろん編修された年代や,筆を執った先達によって内容に若干の相違ができるから,その相違を検討すると,修行の内容や入峰者の国別,修行に要する費用,修行中の天候,突発事件に対する処理のしかたなどを知ることもできる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

峰中記の関連キーワード師家観念修行熊野山伏華厳修行位修行者禅法作り山伏駆出し行化

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone