コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

島川文八郎 しまかわ ぶんぱちろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

島川文八郎 しまかわ-ぶんぱちろう

1864-1921 明治-大正時代の軍人。
元治(げんじ)元年3月10日生まれ。陸軍砲兵射撃学校教官となり,ベルギー,フランスに留学。明治27年東京砲兵工廠(こうしょう)板橋火薬製造所長になり,のち三十一年式速射砲を製作して無煙火薬の応用を案出。兵器局長などをへて技術本部長。大正8年陸軍大将。大正10年7月16日死去。58歳。伊勢(いせ)(三重県)出身。陸軍士官学校卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

島川文八郎

没年:大正10.7.16(1921)
生年元治1.3.10(1864.4.15)
明治期の陸軍軍人。津藩士島川宗政の8男。無煙火薬を発明。明治27年東京砲兵工廠板橋火薬製造所長。日露戦争(1904~05)では野戦砲兵連隊長として奮戦,豪胆さを誇った。戦後,兵器局長,技術本部長を歴任。大正8(1919)年大将に進む。

(小池聖一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

島川文八郎の関連キーワード大正時代没年

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android