コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

島村紀孝 しまむら のりたか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

島村紀孝 しまむら-のりたか

1807-1895 江戸後期-明治時代の国学者。
文化4年生まれ。父の教えをうけ,のち長野主膳(しゅぜん)にまなぶ。貫名海屋(ぬきな-かいおく),大国隆正(たかまさ)らとまじわり,松の舎塾をひらいて子弟を教育した。明治28年6月6日死去。89歳。近江(おうみ)(滋賀県)出身。通称は庄司。号は松の舎。著作に「伊勢の道の記」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

島村紀孝の関連キーワード日清戦争史(年表)デービー(Sir Humphry Davy)ゴーリキー(Maksim Gor'kiy)深刻小説日清戦争樋口一葉レントゲン(Wilhelm Konrad Röntgen)レザノフブラウンレザノフ

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone