コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

島津久寛 しまづ ひさひろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

島津久寛 しまづ-ひさひろ

1859-1884 幕末-明治時代の武士。
安政6年1月8日生まれ。島津久静(ひさなが)の長男。文久2年(1862)父急死のあと4歳で薩摩(さつま)鹿児島藩の都城(宮崎県)領主をつぎ,祖父久本(ひさもと)の後見をうける。元治(げんじ)2年太宰府(だざいふ)に出兵し三条実美(さねとみ)らを護衛。戊辰(ぼしん)戦争には都城隊を出陣させた。明治17年2月23日死去。26歳。通称は元丸。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

島津久寛の関連キーワードスベルドラップ(Johan Sverdrup)光の科学史ビラフランカの和議余計者ノバルティススーラスタング(父子)ヒルベルト岡田普理衛ゼーバッハ

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android