コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

島津久芳 しまづ ひさよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

島津久芳 しまづ-ひさよし

1822-1885 幕末-明治時代の武士。
文政5年5月生まれ。島津久宝(ひさたか)の子。薩摩(さつま)鹿児島藩黒木郷領主。番頭(ばんがしら),小姓与番頭から軍役方にすすみ,薩英戦争,幕長戦争に出陣。明治元年若年寄となり,藩兵の出軍や軍艦購入などにあたる。戊辰(ぼしん)戦争では越後(えちご)方面総督として長岡城攻撃に参加した。明治18年12月8日死去。64歳。通称は隼人。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

島津久芳の関連キーワードグラントボードイン日本の医学史(年表)宇田川榕菴ライスグラントボードイングラント近・現代アフリカ史(年表)コロレンコ

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android