コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

島津久芳 しまづ ひさよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

島津久芳 しまづ-ひさよし

1822-1885 幕末-明治時代の武士。
文政5年5月生まれ。島津久宝(ひさたか)の子。薩摩(さつま)鹿児島藩黒木郷領主。番頭(ばんがしら),小姓与番頭から軍役方にすすみ,薩英戦争,幕長戦争に出陣。明治元年若年寄となり,藩兵の出軍や軍艦購入などにあたる。戊辰(ぼしん)戦争では越後(えちご)方面総督として長岡城攻撃に参加した。明治18年12月8日死去。64歳。通称は隼人。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

島津久芳の関連キーワードグラントボードイン日本の医学史(年表)宇田川榕菴グラントライスグラントボードイン近・現代アフリカ史(年表)コロレンコ

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone