コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

島津久宝 しまづ ひさたか

1件 の用語解説(島津久宝の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

島津久宝 しまづ-ひさたか

1802-1873 江戸時代後期の武士。
享和2年生まれ。薩摩(さつま)鹿児島藩黒木郷領主。島津斉興(なりおき),斉彬(なりあきら),忠義の3代の城代家老をつとめる。斉彬の死後,幕府迎合策に転じた藩政にそって斉彬派の家臣を追放。忠義の父島津久光が藩政の実権をにぎると失脚。明治6年死去。72歳。通称は又八郎,豊後,式部。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

島津久宝の関連キーワード光の科学史グエン(阮)朝ドニエプロペトロフスク十返舎一九グエン朝常磐津兼太夫工場法タイソン党の乱箱館奉行労働基準法

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone