コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

島津忠将 しまづ ただまさ

1件 の用語解説(島津忠将の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

島津忠将 しまづ-ただまさ

1520-1561 戦国時代の武将。
永正(えいしょう)17年生まれ。島津忠良(ただよし)の子。島津貴久(たかひさ)の弟。垂水家(たるみけ)島津氏初代。天文(てんぶん)17年(1548)大隅(おおすみ)守護代の本田董親(ただちか)を討ち,大隅清水領主となる。23年蒲生範清(がもう-のりきよ)の岩剣(いわつるぎ)城攻めで功をたてる。肝付(きもつき)氏に対する大隅廻城(めぐりじょう)合戦で永禄(えいろく)4年7月12日戦死。42歳。初名は政久。通称は又四郎

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

島津忠将の関連キーワード激・戦国無双戦国無双KATANA戦国無双Chronicle夏草の賦磯村左近上杉憲勝宇久盛定多久宗時初鹿野源五郎両角虎定

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone