コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

島津忠将 しまづ ただまさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

島津忠将 しまづ-ただまさ

1520-1561 戦国時代の武将。
永正(えいしょう)17年生まれ。島津忠良(ただよし)の子。島津貴久(たかひさ)の弟。垂水家(たるみけ)島津氏初代。天文(てんぶん)17年(1548)大隅(おおすみ)守護代の本田董親(ただちか)を討ち,大隅清水領主となる。23年蒲生範清(がもう-のりきよ)の岩剣(いわつるぎ)城攻めで功をたてる。肝付(きもつき)氏に対する大隅廻城(めぐりじょう)合戦で永禄(えいろく)4年7月12日戦死。42歳。初名は政久。通称は又四郎

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

島津忠将の関連キーワード島津以久伊作城永正

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android