コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

島浦島(読み)しまうらとう

日本の地名がわかる事典の解説

〔宮崎県〕島浦島(しまうらとう)


宮崎県北東部、日向灘(ひゅうがなだ)に浮かぶ島。面積2.8km2。延岡(のべおか)市に属する。最高点は標高185mの遠見場(とんば)山。海岸線は複雑で、周辺海域には岩礁が多い。沿岸漁業が盛ん。電気などは延岡市から地下ケーブルで供給される。同市浦城(うらしろ)港と定期船が結ぶ。日豊(にっぽう)海岸国定公園に属する。島野浦島(しまのうらしま)ともいう。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

島浦島
しまうらとう

島野浦(しまのうら)島ともいう。宮崎県北部、延岡(のべおか)市に属する県内最大の島。1957年(昭和32)町名設置により延岡市島浦町になり、島名も島野浦島から島浦島になった。面積2.84平方キロメートル。最高点186メートル。海岸線は屈曲の多いリアス式海岸である。日向灘(ひゅうがなだ)に面する東部海岸には海食洞もみられる。西部に天然の良港があり、集落が集中する。江戸時代は延岡藩参勤交代の最初の寄港地であった。漁業が盛んで、イワシ、サバ漁、ハマチ養殖が中心。対岸延岡市北浦町の沖合い2キロメートルにあり、電気、水道などは海底ケーブルで供給される。浦城(うらしろ)港から船便がある。人口1166(2009)。[横山淳一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android