日向灘(読み)ひゅうがなだ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日向灘
ひゅうがなだ

宮崎県東部の海岸沖合いの海域豊後水道南西部の日豊海岸から日南海岸の都井岬付近までの海岸,沖合いをさし,そのうち日向市南部から宮崎市の青島までの海岸は,ほぼ直線状の砂丘海岸を形成する。暖流黒潮が海岸から約 100km沖合いを南西から北東に流れ,海岸近くは,その支流が北から南に流れる。イワシ,カツオ,マグロが回遊し,沖合い漁業が行われる。北部の島野浦島 (島浦島) ,門川 (かどがわ) ,南部の油津 (あぶらつ) ,大堂津などが主要漁港。波の荒いところで,かつては赤江灘とも呼ばれた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

日向灘【ひゅうがなだ】

宮崎県東方の海域。豊後水道から南下する沿岸流と四国南端に向かう黒潮本流が流れ,回遊魚が多く,島野浦,門川,油津などの漁港を中心にイワシ,トビウオ,アジ,カツオ,マグロなどがとれる。
→関連項目門川[町]蒲江[町]川南[町]北浦[町]新富[町]高鍋[町]都農[町]南郷[町]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ひゅうがなだ【日向灘】

宮崎県東部海岸の沖合の海。かつては赤江灘ともよばれた。玄界灘遠州灘とともに日本三大灘に数えられる波の荒い海である。黒潮本流は宮崎市の沖合約100km付近を北東に流れるが,四国の足摺岬沖で小海流が豊後水道に入り,大分・宮崎両県の沿岸を南に流れて,都井岬付近で再び合流する。回遊魚が多く,土々呂(ととろ)(延岡市),門川,油津(日南市)などの漁港を中心にイワシ,カツオ,マグロなどが水揚げされ,門川などでチリメンジャコを特産する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ひゅうがなだ【日向灘】

宮崎県東部沿岸・沖合一帯の海域。沿岸に黒潮が環流し、イワシ・マグロ・カツオの漁場。波の荒いことで知られる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔大分県(宮崎県)〕日向灘(ひゅうがなだ)


九州東岸沖の海域。大分県南東端の鶴御崎(つるみさき)から宮崎県南部の都井(とい)岬までの沖合をいう。沿岸は中央部を宮崎平野の砂浜海岸が占める。北部と南部は小さな出入りの多い海岸で、それぞれ日豊(にっぽう)海岸国定公園・日南(にちなん)海岸国定公園に属する。沖合を日本海流が北東に流れ、その沿岸反流が海岸線沿いに南下する。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日向灘
ひゅうがなだ

太平洋に面する宮崎県の海岸より沖合いを日向灘という。県北部はリアス式海岸で日豊(にっぽう)海岸国定公園。中部、南部は隆起海岸で、中部は単調な砂浜海岸、南部は磯(いそ)と浜の続く岩石海岸(日南(にちなん)海岸国定公園)である。沖を黒潮が流れ、沿岸流は北から南に流れる。大陸棚は20~30キロメートルとあまり広くない。沖の大陸斜面には二段の平坦(へいたん)面があり、深いほうのそれを日向沖平坦面とよんでいる。直接太平洋に面して風波が強く、台風の影響も受けやすい。また日向灘沖は地震の震源地でもある。漁業は、北部は島野浦(しまのうら)、門川(かどがわ)などでイワシ、ハマチ、南部では大堂津(おおどうつ)、目井津(めいつ)などを中心にカツオ、マグロ漁が行われる。細島(ほそしま)、宮崎、油津(あぶらつ)は重要港湾。[横山淳一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ひゅうが‐なだ ひうが‥【日向灘】

宮崎県の太平洋沿岸の海域。昔は赤江灘とも呼ばれ、遠州灘・玄界灘とともにもっとも波の荒い灘の一つに数えられた。豊後水道から南下する沿岸海流が東に向きを変える都井岬の沖合四〇~一〇〇キロメートルには、黒潮の本流が接近しており、イワシ・カツオ・マグロなどの回遊魚が多く、沿岸漁場として知られる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日向灘の関連情報