磯釣り(読み)いそづり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

磯釣り
いそづり

磯 (岩礁) から行う釣り。メジナブダイイシガキダイイシダイなどの大物をねらう釣りと,ウミタナゴサヨリクロダイの子などの小物をねらう釣りがある。大物釣りは,数より重量・全長に挑戦する点で人気がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

磯釣り【いそづり】

荒波の洗う岩場での釣り。危険度が高く,救命具携行単独行動をとらないなどの注意が必要。第2次大戦後ナイロンの道糸の使用,サーフリールの輸入あるいは国産品の出現をまって急速に発展した。対象魚は,大物ではイシダイ,イシガキダイ,ヒラマサシマアジ,中小物ではアイナメイシモチメバルイサキ,メジナ,クロダイなど。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

磯釣り
いそづり

岩の多い海岸や岩礁で釣る釣り。砂浜での投げ釣りに対比されるが、技術的には共通の部分が多い。一般的に大物釣りと中小物釣りに分けられる。大物釣りはイシダイを筆頭に、小笠原(おがさわら)諸島や南西諸島でのイソマグロ、クロヒラアジを対象魚とする。シマアジ、ヒラマサ釣りもこれに入る。引きの強さ、鉤(はり)にかかってからの疾走ぶり、魚の重量において優れている。中小物釣りはメジナ、ブダイ、クロダイ、ウミタナゴ、サヨリ、アイナメなど。対象魚に応じて釣り場が異なり、竿(さお)や仕掛け、餌(えさ)なども違ってくる。[松田年雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の磯釣りの言及

【海釣り】より

…海水魚を対象にする釣り。磯釣り,防波堤釣り,船釣り,投釣りなどに分けられる。磯釣りは荒波の洗う岩場から釣るもので,イシダイ,モロコ,ヒラマサなどの大物釣り,メジナ,ブダイ,クロダイなどの中小物釣りが楽しめるが,危険も大きく,救命具の携行や単独行動をとらないなどの注意が必要である。…

【釣り】より

…さらに水深400mから800mにも及ぶところでアコウやメヌケを釣るのを深海釣りとか超深場釣りという。 磯釣りは中小物釣り,大物釣りに分けられる。石物と釣人が呼んで,大物釣りの代名詞にも使われるのはイシダイ,イシガキダイで,とくに引きの強いイシダイが主役である。…

※「磯釣り」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

磯釣りの関連情報