コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

島雪舸 しま せっか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

島雪舸 しま-せっか

1863-1893 明治時代の彫刻家。
文久3年生まれ。島雪斎(せっさい)の子。東京で兄雪洞に木彫をまなぶ。大正天皇幼時の玩具木馬をつくり,名をあげる。のち大阪にうつり,大阪美術協会の名誉職員となり,各種の展覧会に入賞。シカゴ博覧会に「井伊大老像」を出品。明治26年9月21日死去。31歳。越前(えちぜん)(福井県)出身。幼名は三多吉。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

島雪舸の関連キーワードグリュクスボー朝グリュックスボー朝中島名左衛門新派劇世界のおもな博物館ウォルフ井上勝黒田清輝ウィグモア北村透谷