コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

島雪斎 しま せっさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

島雪斎 しま-せっさい

1820-1879 江戸後期-明治時代の木彫師。
文政3年生まれ。越前(えちぜん)(福井県)の人。志摩乗時(のりとき)系統の木彫をまなび,松平慶永(よしなが)にまねかれ福井藩の彫工となる。慶永の命で将軍の手箪笥(てだんす),宮中の紫檀(したん)書棚を彫製し,法橋(ほっきょう)にのぼる。維新後は東京にすみ,ウィーン万国博覧会に野馬の置物を出品し1等。明治12年12月死去。60歳。名は只直。字(あざな)は士節。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

島雪斎の関連キーワード堀田瑞松馬場大助島雪舸

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android