コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

崎ヶ鼻遺跡 さきがはないせき

世界大百科事典 第2版の解説

さきがはないせき【崎ヶ鼻遺跡】

島根県八束郡美保関町森山字駒喰の海食洞窟にある縄文遺跡。サルヶ鼻遺跡ともいう。島根半島の南側の中海と日本海をつなぐ中江の瀬戸西方の小岬に位置し,最も北にある最大のもの(第1洞窟)は,奥行き60m,幅5m,高さ4~5mで,これに並んで南に四つの小洞窟があり,そのうち海水の入る最南の洞窟のほかは,すべて縄文時代遺物を出土する。おもな遺物包含層は,北端の洞窟入口部とその前面にあり,五つ以上の層をなし,縄文後期を中心とし縄文前期・中期の遺物も出土する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android