崔冲(読み)さいちゅう(英語表記)Ch‘oe Ch‘ung

世界大百科事典 第2版の解説

さいちゅう【崔冲 Ch‘oe Ch‘ung】

984‐1068
朝鮮,高麗の政治家,儒学者。海州の人。1005年科挙に合格,官僚として律令の普及,西北地方の統治に功があり,53年,門下侍中という首相職から退くと,以後は後進の育成に専念した。九つの専門講座を置く九斎学堂をつくったが,これが朝鮮における私学の始まりで,当時あわせて12の私学ができた。九斎学堂の生徒は崔公徒(のち文憲公徒)とよばれたが,ここからは多くの優秀な人物が輩出し,彼は海東の孔子とよばれた。【浜中 昇】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android