コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

崔冲 さいちゅうCh‘oe Ch‘ung

世界大百科事典 第2版の解説

さいちゅう【崔冲 Ch‘oe Ch‘ung】

984‐1068
朝鮮,高麗の政治家,儒学者。海州の人。1005年科挙に合格,官僚として律令の普及,西北地方の統治に功があり,53年,門下侍中という首相職から退くと,以後は後進の育成に専念した。九つの専門講座を置く九斎学堂をつくったが,これが朝鮮における私学の始まりで,当時あわせて12の私学ができた。九斎学堂の生徒は崔公徒(のち文憲公徒)とよばれたが,ここからは多くの優秀な人物が輩出し,彼は海東の孔子とよばれた。【浜中 昇】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

崔冲の関連キーワードヨハネス14世後冷泉天皇後冷泉天皇後三条天皇摂関政治花山天皇アゼルウォルド円融天皇花山天皇ボニファチウス7世

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android