崔冲(読み)さいちゅう(英語表記)Ch‘oe Ch‘ung

世界大百科事典 第2版の解説

さいちゅう【崔冲 Ch‘oe Ch‘ung】

984‐1068
朝鮮,高麗の政治家,儒学者。海州の人。1005年科挙に合格,官僚として律令の普及,西北地方の統治に功があり,53年,門下侍中という首相職から退くと,以後は後進の育成に専念した。九つの専門講座を置く九斎学堂をつくったが,これが朝鮮における私学の始まりで,当時あわせて12の私学ができた。九斎学堂の生徒は崔公徒(のち文憲公徒)とよばれたが,ここからは多くの優秀な人物が輩出し,彼は海東の孔子とよばれた。【浜中 昇】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android