コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川又佐一郎 かわまた さいちろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

川又佐一郎 かわまた-さいちろう

1817-1863 幕末の武士。
文化14年生まれ。常陸(ひたち)水戸藩士。尊王攘夷(じょうい)をとなえ,文久3年勅使正親町公董(おおぎまち-きんただ)にしたがって長門(ながと)(山口県)へいく。平野国臣(くにおみ)らと公卿(くぎょう)沢宣嘉(のぶよし)をたてて但馬(たじま)(兵庫県)生野に挙兵したが,出石(いずし)藩兵に捕らえられ,文久3年10月獄中で病死。47歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

川又佐一郎の関連キーワード中島名左衛門グリュクスボー朝グリュックスボー朝紀行文学モンローキンダー妙心ユング・シュティリングカラジョルジェ・ペトロビッチ西川扇蔵(2世)

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android