コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川口常文 かわぐち つねぶみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

川口常文 かわぐち-つねぶみ

1842-1892 幕末-明治時代の神職。
天保(てんぽう)13年4月生まれ。国学を八羽(はっぱ)光穂にまなぶ。明治7年野呂万次郎とともに本居宣長(もとおり-のりなが)をまつる山室山神社(本居神社)を創建し,平田篤胤(あつたね)をあわせてまつる。15年伊勢(いせ)(三重県)結城神社を官幣社とするのに尽力し,宮司となった。明治25年10月12日死去。51歳。伊勢出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

川口常文の関連キーワードゴーゴリポー(Edgar Allan Poe)ワーグナー(Wilhelm Richard Wagner)科学史紀行文学フロイトテニソンデーナ(James Dwight Dana)光の科学史近・現代アフリカ史(年表)

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone