結城神社(読み)ユウキジンジャ

百科事典マイペディアの解説

結城神社【ゆうきじんじゃ】

三重県津市に鎮座。旧別格官幣社。結城宗広をまつる。宗広は南朝の忠臣で,1335年,1337年と再度にわたって,義良親王・北畠顕家に従って奥州から京畿に長征したが,顕家戦死後,再起を図って帰国の途次,1338年この地に病没。その墓側にを建ててまつったのに由来。例祭は5月1日。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

結城神社
ゆうきじんじゃ

三重県津市大字藤方に鎮座。旧別格官幣社。結城宗広(むねひろ)を主祭神とし、結城親光(ちかみつ)と一族殉難将士を配祀(はいし)する。宗広は陸奥白河(むつしらかわ)(福島県白河市)の城主、建武(けんむ)中興に際し大いに功績があった。中興瓦解(がかい)ののちも義良(のりよし)(のりなが)親王(後村上(ごむらかみ)天皇)のもとで南朝のために忠誠を尽くし、1338年(延元3・暦応1)同親王を奉じて海路東国に向かう途中、暴風雨のため伊勢(いせ)国安濃津(あのつ)に漂着、その地で薨(こう)じた。当地ではいつのころよりか墓の傍らに小祠(しょうし)を建て宗広の霊を祀(まつ)っていたが、江戸期に入り津藩主藤堂(とうどう)家の崇敬厚く、何度か社殿を改築したり墳墓を修造整備したりした。1880年(明治13)明治天皇巡幸のおり、幣帛(へいはく)料の下賜があり、82年別格官幣社に列せられた。例祭5月1日。社宝に紙本墨書「結城神社文書」45通(県指定文化財)、刀剣類などがある。[平泉隆房]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ゆうき‐じんじゃ ゆふき‥【結城神社】

三重県津市藤方にある神社。旧別格官幣社。結城宗広ほかをまつる。延元三年(一三三八)宗広臨終の地で、文政七年(一八二四)藩主藤堂高兌(たかさわ)が社殿を造営。結城医王大明神。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android