コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大興安嶺 だいこうあんれい

3件 の用語解説(大興安嶺の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

だいこうあんれい【大興安嶺】

中国、内モンゴル自治区北東部を南北に走る山脈。長さ約1300キロメートル。大シンアンリン山脈。別名、西興安嶺。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大興安嶺
だいこうあんれい / ターシンアンリン

中国、黒竜江省北部から内モンゴル自治区北東部に延びる山脈。西興安嶺ともいう。北は黒竜江岸から南はシラムレン河上流に至り、北東から南西方向に走る。全長1200キロメートル、幅200~300キロメートル、標高1000~1500メートルだが高い山地もあり、北から風水山(1398メートル)、古利牙(こりが)山(1394メートル)、太平嶺(1712メートル)、黄崗梁(こうこうりょう)(2029メートル)などが並んで、内モンゴル高原と松遼(しょうりょう)平原との分水嶺になっている。古・中・新生代の花崗(かこう)岩からなり、一部にジュラ系含炭層や新期玄武岩を含む。大陸性気候で1月の平均気温は北から南へ零下28~零下22℃、7月は18~20℃、年降水量は400ミリメートルで夏に集中する。東斜面の川は嫩江(どんこう)に、北・西斜面の川は黒竜江上流に注ぐ。南斜面の川は尻無(しりなし)川が多い。土壌は、北部は礫質(れきしつ)灰白森林土、暗褐色森林土が広がり、南部は石灰質黒土である。森林は北・中部がダフリヤカラマツ、コオノオレ、マンシュウシラカンバ、南部はモウコナラを主とする。人口密度は1平方キロメートル当り10人以下で、モンゴル族、漢族、オロチョン族が住む。[浅井辰郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の大興安嶺の言及

【興安嶺】より

…中国北東,内モンゴル自治区と黒竜江省にかけての山脈。西の大興安嶺,東の小興安嶺,その間の伊勒呼里山脈からなる。大興安嶺は内モンゴル北東部を北北東から南南西に走り,長さ約1500km,標高約1500m,主峰は黄崗峰2029m。…

※「大興安嶺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大興安嶺の関連キーワードオロチョン族興安嶺小興安嶺山脈嫩江満州兀良哈小興安嶺配収矢野勘治アルグン[川]

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大興安嶺の関連情報