コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梅棹忠夫 うめさおただお

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

梅棹忠夫
うめさおただお

[生]1920.6.13. 京都,京都
[没]2010.7.3. 大阪
民族学者,文化人類学者。日本の文化人類学の先駆者で,梅棹文明学と称されるユニークな文明論を展開した。1943年京都帝国大学理学部卒業。同大学で動物生態学を専攻したが,1944年今西錦司率いる大興安嶺探検隊に参加し,中国東北部や内モンゴルなどを探検した。1949年大阪市立大学助教授に就任。1955年に京都大学総合学術調査隊(カラコルム・ヒンドゥークシ学術探検隊)に参加してアフガニスタンでモゴール族の調査を行ない,しだいに文化人類学へと転じた。その成果をまとめた『モゴール族探検記』(1956)はベストセラーになった。1957年に『文明の生態史観序説』を発表,生態系に基づいた多系的な文明発展のパターンを示した世界史観は,従来の西欧型の短系的な歴史観に大きな衝撃を与えた。1965年京都大学助教授,1969年同教授。国立民族学博物館の創設に尽力し,1974年初代館長に就任,1986年に失明したが 1993年まで同館長を務めた。『日本探検』(1960),『知的生産の技術』(1969)など多くの著書がある。1991年文化功労者に選ばれ,1994年文化勲章,1999年勲一等瑞宝章を授与された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

うめさお‐ただお〔うめさをただを〕【梅棹忠夫】

[1920~2010]民族学者。京都の生まれ。はじめ動物学を専攻したが、モンゴルやカラコルムなどでのフィールドワークを経て民族学・文化人類学の研究に移行。国立民族学博物館の設立に尽力、初代館長となる。著「知的生産の技術」「文明の生態史観」など。平成6年(1994)文化勲章受章。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

梅棹忠夫【うめさおただお】

民族学者,文化人類学者。京都市生れ。京大理学部卒。初め動物学を専攻するが,今西錦司率いる内蒙古の学術調査に参加し,民族学に転じる。1957年《文明の生態史観》で,西欧文明と日本文明がほぼ同じ歩みで進化したという〈平行進化説〉を打ち出し注目される。国立民族学博物館の創設に尽力,1974年−1993年初代館長。1991年文化功労者,1994年文化勲章。著書《モゴール族探検記》《知的生産の方法》など。著作集(全22巻,別巻1)がある。
→関連項目上山春平川喜田二郎吉良竜夫

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

梅棹忠夫 うめさお-ただお

1920-2010 昭和後期-平成時代の民族学者。
大正9年6月13日生まれ。はじめ動物学を専攻,今西錦司ひきいる京大旅行部で海外学術探検をおこなう。昭和30年京大カラコルム・ヒンズークシ学術探検隊に参加。32年「文明の生態史観序説」を発表し反響をよぶ。大阪市立大助教授,京大人文科学研究所教授などを歴任。国立民族学博物館の設立に尽力,49年初代館長。平成3年文化功労者,6年文化勲章。平成22年7月3日死去。90歳。京都出身。京都帝大卒。著作はほかに「モゴール族探検記」「知的生産の技術」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

梅棹忠夫
うめさおただお
(1920―2010)

民族学者、比較文明学者。京都府生まれ。1943年(昭和18)京都帝国大学理学部動物学科を卒業。メダカの行動生態を研究した。1944年モンゴルで遊牧民の調査を行い、1949年大阪市立大学理学部助教授。1955年京都大学総合学術調査隊(カラコルム、ヒンドゥー・クシ学術探検隊)に参加し、アフガニスタンでモゴール人の調査を行い、1956年記録『モゴール探検記』を発表してベストセラーとなる。1965年京都大学人文科学研究所助教授、東南アジア、アフリカのおもに遊牧民の実態調査を行い、1967年『文明の生態史観』を発表、自然の生態系に応じた「文明の生態史観」という文明論を展開し、その視野の広さ、柔軟さ、先見性が高く評価された。1969年京都大学教授。国立民族学博物館の創設に尽力、1974年同初代館長となる。1994年(平成6)文化勲章受章。著書に『知的生産の技術』『サバンナの記録』など。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

梅棹忠夫の関連キーワードサバンナ(植生帯)カード・システムルポルタージュビデオテークローマ字教育ウイスキー情報化社会大平研究会小松左京情報社会角幡唯介ユルト家政学川添登美術館形質

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

梅棹忠夫の関連情報